ヘッダー

頭皮に悪いことは?ストレス?化学成分?

    

育毛するうえで大切なのは『頭皮環境』

 

いろいろ悪影響がありそうなものを調査します。

 

ストレスが与える影響

 

ストレスが与える影響は心にも体にも多種多様に起こります。

 

まず体への影響としては、疲労や肌荒れ、

 

脱毛、頭痛、腰痛、不眠、自律神経の乱れ、目の疲れなどがあります。

 

心への影響としては落ち込みやイライラ、

 

怒り、集中力や気力の低下、不安、

 

希望がなくなる、などといったことが挙げられます。

 

これら体や心への影響はその人の行動にも関わってきます。

 

ストレスを発散するために暴飲暴食に走る、

 

好き勝手な生活をして生活が乱れる、

 

思い切りお酒を飲みまくる、

 

タバコを始めてみたりやめていたのに再開してみたり、

 

いつもより吸う本数が増えたり、

 

ギャンブルに手を出すといった弊害も起こります。

 

ストレスが強く仕事や学校へのやる気が減って、

 

遅刻や欠勤が続くといった影響も考えられます。

 

そして怖いのが、こういったことが、

 

長い期間続くことにより心や、

 

体の病気へと繋がっていくことがあるということです。

 

心の病としてはうつ病やパニック障害、

 

アルコール依存症、不安障害など。

 

体の病気としては胃や腸などの病気、

 

免疫力の低下による各感染症の発症、

 

血圧や心臓などの循環器系の病気など数え切れません。

 

化学成分を使うと頭皮に悪い?

 

髪に使うものの代表といってもいいのがシャンプー。

 

ほとんどの人が毎日使用しているのではないでしょうか。

 

ところが、シャンプーを買う時にCMなどのイメージや、

 

パッケージの見た目などで選ぶという人が大半です。

 

毎日使うものだからこそ、

 

その成分はしっかりチェックしておくことが大切です。

 

もし化学成分が大量に使われているとしたら、

 

やはり頭皮にいい影響があるとは言えません。

 

泡立てて洗って、

 

きちんと流すから問題ないと思われるかもしませんが、

 

では化粧品はどうでしょう。

 

しっかりと浸透すると言っています。

 

ということは、化学成分は皮膚に浸透するということです。

 

つまりは、化学成分が入ったシャンプーは頭皮に浸透してしまうことが考えられ、

 

頭皮にかなり悪影響を及ぼすという結論になってしまいます。

 

一時期シリコンが入っていないものがいい、

 

という話が大きく報じられたことによって、

 

ノンシリコンシャンプーと銘打つものが増えています。

 

ところがノンシリコンシャンプーと書かれていても、

 

合成シャンプーであることにはかわりないということです。

 

よく注意して購入しましょう。